見出し画像

【連載/那覇拠点編】8割移住組。事業部を越えて生み出すシナジー

前回記事では、大阪拠点のクルーにインタビューをしました!

今回は、、、
「Crew’s REAL~個性溢れる拠点クルー~」那覇編です!!

那覇拠点で大活躍中の門田さんと武藤さんに、拠点の魅力を聞いてきました。
担当はネクストビート採用担当、仙田がお送りいたします。

※ネクストビートでは同じ船で運命を共にする「船員」として、社員をクルーと呼んでいます。

まずは取材にご協力いただいたクルーをご紹介します。

リーダー 門田 隼武

【リーダー 門田 隼武】

2021年9月中途入社。前職では、不動産デベロッパーで分譲マンションの販売営業に従事。成果主義の評価制度で昇給・昇格のスピードが早い点に惹かれ2021年9月にネクストビートに入社。初期では当時住んでいた北海道/札幌拠点に配属され、保育士バンク!キャリアアドバイザー職として従事。2022年4月にリーダーに昇格。その後2023年4月に沖縄拠点に異動となり、沖縄へ移住。現在に至る。

リーダー 武藤 成美

【リーダー 武藤 成美】
2021年9月中途入社。前職では、住宅関連企業の人事部として新卒採用に従事。その後求人広告の代理店に転職。2021年9月に関西から沖縄へ移住を決意し、ネクストビートへ入社。那覇拠点にて保育士バンク!キャリアアドバイザー職を務めた後、2022年4月におもてなしHR/Career Promotion職に異動。2023年2月にチームリ-ダーに昇進。現在に至る。

ーーーお二人ともそれぞれ、札幌、関西から移住されてきたんですね。ちなみに、武藤さんは移住を決意され那覇で転職先を探されていたということですよね?

武藤:

そうですそうです。2社目に転職して3年半経った時にコロナが流行し始めて。誰とも会わずに長期間のリモート勤務となり疲弊していたのか「沖縄行きたい…」と思い立ち、すぐに沖縄で働ける仕事を探し始めたんです。それまでも旅行で沖縄には年3~4回行っていたので、いつか移住したいなとは思っていたんですよね。

そこから転職活動を進める中で、ネクストビートが那覇にオフィスを新設するという情報を知りました。さらに詳細を調べていくうちに、この会社であれば、これまでの人材業界の経験を活かし、社会にダイレクトに貢献でき、キャリアアドバイザーとして求職者様に頼られる仕事ができると考えて、拠点の立ち上げといった経験が積めることにも魅力を感じ「ここで働きたい」と思い応募することを決め、思い立って3ヶ月で移住・転職し、今に至ります。


ーーー思い立って3か月とは、凄まじい行動力ですね(笑)ネクストビートに入社して、那覇拠点の沖縄拠点はどのような雰囲気ですか?

武藤:

仲が良いですね。お仕事はもちろん全力で本気で取り組みます。月末には飲みに行ったり、ランチにアグーしゃぶしゃぶのお店に行ったりなど、ご飯に行く事が多いですよね、門田さん?

門田:

そうですね。那覇拠点では、自分含めて最近沖縄に来た方が多いので、まだ会社以外に知り合いがいないメンバーがほとんどです。なので、プライベートでも行動を共にする機会も多いです。

私も、休みの日に行けるオススメスポットは?とか沖縄のおすすめのご飯屋さんありますか?とか武藤さんに聞いてます。武藤さんは沖縄歴が長いので色々情報が豊富でして、武藤さんが行っておいしかったご飯屋さんを記録されてるので、大体間違いないお店やスポットを紹介していただけます。

仕事は仕事でしっかり働き、オフでは友達のような関係性です。保育士バンク!キャリアアドバイザー職の新卒と2人で休みの日に市場に行ったり、島に行ったり、美ら海水族館に行ったりもしました。


ーーー楽しそうですね!メリハリがあって那覇拠点の雰囲気がよくわかりました!ちなみに、お二人は担当事業が異なりますが、事業部間での交流はあるんですか?

武藤:

ありますよ。特に私は東京本社や名古屋拠点のメンバーと同じチームで仕事をしており、全国エリアを対応しているので、情報収集として、那覇のクルーによく質問します。出身地が見事に全員バラバラなので(北海道・兵庫・福島・秋田・沖縄)「このエリアってどこから人集まります?」「〇〇市って働きに出られる方多いですか?」など、その地で暮らした人しか分からない情報を聞けてありがたいです。

門田:

保育士バンク!おもてなしHRは、事業内容は違いますが、「キャリアアドバイザー職」という業務の根本は似ているので、求職者様の返答や対応に困った時は「〇〇さんやったらこういう時どう対応しますか?」などみんなに意見を募って、事業部を越えて様々な意見交換をする事が出来ています。


ーーーなるほど。教えていただきありがとうございます!

今回那覇拠点で大活躍中のお二人へのインタビューということで、具体的にお仕事にどう向き合っているのかも知りたいのですが、目標を追うにあたって大事にしているマインドセットを教えていただけますか?

門田:

NEXTBEAT IDENTITY※の中でいうと、特に「アントレプレナーシップ~カオスの渦中で何か失敗したとしても、諦めないことにもう一度コミットする~」を大事にしています。

那覇拠点に異動になった時には、同じ保育士バンク!キャリアアドバイザー職は1人もクルーがおらず、前任からの引継ぎもほぼない状況でした。

札幌から那覇という日本の端から端への転勤で、全く知らない土地。そもそも地名の読み方も分からないし知り合いも0の状況で沖縄に異動になり、最初は仕事・私生活両方ともうまくいかないことの連続で本当にカオスでした。そんな中でも諦めず何度も何度も試行錯誤しました。そして今があります。那覇拠点の保育士バンク!キャリアアドバイザー職もこの半期で1名→4名へと拡大できました。今後もっと拠点が大きくなってきても当時の気持ちを忘れずに、アントレプレナーシップを大切に行動していきます。

武藤:

アントレプレナーシップ、門田さんらしいですね!

私は、NEXTBEAT IDENTITYの中の「インテグリティ~全てのステークホルダーに対して誠実に向き合い、信頼関係を構築するための努力を惜しまない~」を大事にしています。求職者様や法人様はもちろん、チームや会社に対しても常に誠実でありたいと思っています。ヒトだけでなく、現実に対しても真摯に向き合い、問題解決に向け、目を背けずに行動すること。

そして、目先の売上だけに捉われず誠実に向き合い続けることで、結果としておもてなしHRのユーザーも増え、事業としても大きくなっていくと信じて日々業務に取り組んでいきます。

※NEXTBEAT IDENTITY(NBI):ネクストビートが、共通の価値基準・目指したい世界観を定めたものであり、すべての活動の土台となるcultureとすべての意思決定の軸となるValueから構成されています。



ーーーありがとうございます!最後に、お二人の今後のキャリアにおける野望を教えてください!!

武藤:

今リーダーを任されている私のチームは、全員他拠点にいていつもリモートで連携を取っていますが、すぐにキャッチアップできる悩みや教えられる事はやはり限られていると感じているので、おもてなしHR那覇拠点を大きくして沖縄をもっと盛り上げ、チームのマネジメントを対面のコミュニケーションでしていきたいと思っています。

那覇での採用を強化するためにも、まずは自分の数字で那覇拠点のおもてなしHR事業を大きくする事が今やるべきミッションだと思っておりますので、日々目標を大きく越えるために奮闘しています!

(個人的なビジョンとしては、そして売上が上がり、年収が上がり、大きな戸建てを恩納村辺りに建てて、親を沖縄に呼びたいと思っています。)

門田:

「保育士転職サービスといえば、保育士バンク!」と誰もが認知しているレベルまで沖縄で名前を轟かせたいと思っています!沖縄の保育士不足を解消して、日本の最南端から我々のミッションである「ニッポンを元気にする」を成し遂げたいです!


ーーーニッポンを元気にしていくため、必ずその想いを実現させてください。アツい想いを語っていただき、ありがとうございます!


「Crew’s REAL~個性溢れる拠点クルー~」那覇編では、那覇拠点の門田さんと武藤さんにお話を伺いました。

那覇拠点の特徴は「移住組が8割いて、事業部間を越えてシナジーを生み出すところ」でしたね。カオスな環境を言い訳にしない、そんなチームでした。

門田さん、武藤さん、ありがとうございました!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!