見出し画像

【新卒インタービュー】海外留学経験者!ネクストビートへ入社を決めた理由。

ネクストビート新卒社員インタビュー!
今回は、海外留学を経験した3名のルーキーを紹介します。

年齢・性別・経歴が全く関係なく様々なバックグラウンドを持つ社員がいるのも、ネクストビートの特徴の一つです。
今回はその中でも、新卒社員の海外留学経験がある3名に、「ネクストビートに入社を決めた理由について」座談会形式でインタビューをしてみました!是非最後まで見て頂けると嬉しいです。

まずは、インタービューした3名のご紹介です!

小畑陸(こばた りく)
大学:神奈川大学(22卒)
出身地:新潟県
部署:保育士バンク! 東京チーム

岩川莉那(いわかわ りな)
大学:北海学園大学(23卒)
出身地:北海道
部署:保育士バンク! 東京チーム

村山美空(むらやま みく)
大学:立命館アジア太平洋大学(23卒)
出身地:山形県
部署:おもてなしHR Career Promotion宿泊チーム


ー早速ですが、みなさん大学時代はどんな海外経験をされましたか?


小畑:
大学時代の海外経験は、主にバックパックです!
初めての海外は、TABIPPO研修の一環で滞在したハワイです。大学2年の夏に2週間ほど滞在しました。
その後10月に、好奇心の赴くままに一人でタイへ行きましたね。

岩川:
好奇心の赴くままに!?すごい、行動力。

小畑:
そうですね(笑)社会に出る前に体験の幅を広げたいと思っていたので!
大学4年の10月からは、会社で働く以外の働き方を知りたいという想いで、ジョージアへ2か月住みこみを始めました。そこでは、ノマドワーカーになるための10職種(ウェブマーケ、ウェブ制作のワークショップなど)を体験し、帰りにトルコ・アルメニアを旅して、最後はドバイに寄って帰ってきました。
村山さんは長期で留学していたイメージでしたが、どんな経験をされたんですか?

村山:
ありがとうございます!私は、大学2年生の前期が終わったタイミングで1年休学して、アイルランドの首都ダブリンに個人で応募して語学留学をしていました。

岩川:
なるほど!村山さんは、語学留学のために長期留学していたんですね。

村山:
はい!『EF』という語学学校として設立されている学校に入学し、英語を学ぶためのカリキュラムを受けながら進級を目指しました。長期で留学したので、現地の人たちの文化についても深く知る機会になりました!

小畑:
現地の人たちの全く違う文化を知ると、今まで持っていなかった新しい価値観が生まれて世界が広がりますよね!

村山:
そうなんです!はじめは語学留学が目的だったのですが、現地でベジタリアンやヴィーガンの人の話と話をする中で環境問題について深く考えるようになりました。
岩川さんも語学留学されてましたよね?

岩川:
はい、そうですね!私は大学4年生の4月からアメリカに語学留学しました。

小畑:
岩川さんの留学のきっかけは何だったんですか?

岩川:
高校生のときにアメリカとカナダへ留学をしたことがきっかけです。
そこで現地の人とのコミュニケーションが取れないことに歯がゆさを感じたのですが、もっと多くの人の価値観に触れたいと思っていたので、社会人になる前にもう一度留学をしようと決めていました。あとは、美容の仕事に興味があったので美容の最先端を学びたいと思ったのも理由の一つでした!


ー海外留学を経たからこその価値観をもったみなさんがネクストビートに入社を決めた理由について教えてください!

岩川:
アメリカは、人と違った考え、意見を持っていてもそれが尊重される多様性を受け入れる社会、個人の能力やスキルが重要視され、いい意味でも悪い意味でも個人主義的、成果主義的な環境だと感じました。
1年間過ごす過程で、美容などの見た目よりも自分の中身を磨くことが大事だと強く感じました。
そこで、「自分自身を磨いて自信を持てる人を日本で増やしたい!」と思うようになり、日本で就職することを決めました。
今の自分に足りない部分、また今後社会人として重要になるのは、「与えられたやり方や答えに則って課題を解決する力」ではなく、「自らで考え、行動し課題を発見、解決していける力」だと感じ、ネクストビートなら後者の力を最短ルート身につけられると感じて入社を決めました!

村山:
私自身は、留学を通じて、自分の興味の範囲だけではなく、多様性を受け入れて一歩踏み込んでみることの大切さを学びました。ネクストビートは、年齢や経験、学歴で判断されない実力主義の環境は個人の能力を伸ばしたい人に適した場所だと感じ、入社を決めました。
新しいことを始めるのに背中を押してくれる、むしろ新しいことに挑戦していこうという文化があります。私を含め、海外での固定概念にとらわれない考え方を持っている方にとって、「新しいことへの適応力や対応力が身につくこと」や「年齢や経験による制限をかけられずに評価される制度がある」ネクストビートは魅力的に感じてもらえると思います!

小畑:
私は帰国後にウェブ制作の個人事業主に挑戦していて、かなりうまくいっていたので「このまま個人事業主として頑張ってみようかな...」と迷っている時期が、実はありました(笑)
しかし、個人事業主をするにも絶対に営業のスキルが必要だと考えて、まずはセールススキルを身に着けたいと思い直し、セールス力を最短で身に着けられるネクストビートで働くことを決意しました!
海外と似た刺激的でカオスな環境を求めている人には、ネクストビートのカルチャーに共感してもらえると思います!

ーそんなみなさんが今後、ネクストビートで挑戦していきたいことは何ですか?


小畑:
入社する前から変わらず、私はトップレベルのセールススキルを身に着けたいので、一つの指標として、社内で一番の売り上げ実績を出すことを目標にしています!
社内で一番の売り上げを出さないと、セールス力がついたとは言えないと思っているので、まずは誰よりも成績を上げます!

岩川:
私もまずは、自分で数字をつくれるようになりたいと思っています。
入社前から保育士バンク!の法人営業をずっとやりたいと思っていた理由の一つでもあるのですが、法人営業として複数の商材をご提案できる立場にあるので、保育士バンク!の様々な商材を一人で幅広い法人様にご提案し、自分自身が発揮できる価値のバリュエーションを増やし、中身(スキル)を磨きます!

村山:
もともとホテルで働いた経験もあり、全国のホテル・旅館の人材に関するお悩みを解決したいと思っています!
また、おもてなしHRをもっと拡大させ、事業範囲を海外に広げられたら...という野望があります(笑)海外から日本へ移住したい人へ日本の魅力を伝えて地方創生に貢献することもしていきたいです!

ーありがとうございました!

ネクストビートではまだまだ24卒新卒を募集しています!

株式会社ネクストビートでは一緒に働く仲間を募集しています


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!